酵素洗顔パウダーを上手に選んで肌悩みを解消!

酵素洗顔パウダーを上手に選んで肌悩みを解消!

エイジングケアに取り入れたい酵素洗顔! 洗顔は、エイジングケアの基本。 洗顔料には石鹸をはじめ、フォーム、ジェル、スクラブ、パウダーなど、多くのタイプがありますね。 そんななか、角質ケアや毛穴ケア、お肌のくすみやごわつき対策などに人気があるのが、「酵素洗顔パウダー」です。 最近では、エイジングケアに酵素洗顔を取り入れる方も増え、いまではたくさんの酵素洗顔パウダーが販売されています。 しかし、酵素洗顔パウダーを使う前に、酵素洗顔のメリットやデメリット、使用方法をちゃんと理解しないで使っていると、かえってお肌にトラブルが起こったりして、エイジングケアにとって逆効果になってしまいます。 また、どんな酵素洗顔料を選ぶかも大切なポイントです。 そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」の記事を参考に、酵素洗顔の基本と選ぶ際のポイントを解説します。また、正しい使い方についてもご紹介します。 「酵素」の基本を理解する 酵素は、ミネラルの周りにたんぱく質が巻き付いてできていて、たんぱく質や脂肪の分解、呼吸、骨や筋肉の活動など、生命活動全般に深く関わっています。 酵素のはたらきがなければ、人は生きていくことができないほど、人にとって大切なものです。 体内でつくられる酵素は、「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。 「消化酵素」は、消化を助けるための酵素で、食べ物を消化分解し、吸収するための酵素です。 その代表は、唾液に含まれるアミラーゼで、でんぷんを分解します。 一方、「代謝酵素」は、吸収された栄養をからだ全体の細胞に届けて新陳代謝を促したり、有害物質の除去、免疫力のアップに関係しています。 酵素洗顔料や酵素洗顔パウダーには、こうした「酵素」が含まれているのです。 酵素洗顔を使う理由は? 酵素洗顔とは、たんぱく質や脂肪などを分解する酵素を配合した洗顔料を使って洗顔することです。 お肌の角質や角栓の70%はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。 一方、皮脂には脂肪が多く含まれます。 酵素洗顔は、酵素の持つ「たんぱく質を分解する」はたらきや「脂肪を分解する」はたらきによって、古い角質や角栓、余分な皮脂を取り除くための洗顔のことです。 特に、酵素洗顔では「たんぱく質を分解する」はたらきが大切です。 なぜなら、たんぱく質は、普通の洗顔料に含まれる界面活性剤では落とすことができないからです。 ここに、酵素洗顔を使う理由があります。 酵素の種類もいろいろ 酵素洗顔パウダーに配合される酵素には、次のような種類があります。 1)プロテアーゼ たんぱく質を分解するはたらきがあり、古い角質を分解する目的で配合されます。 人間にも備わっているたんぱく質分解酵素です。 プロテアーゼは、たんぱく質中のペプチド結合を切断することでその力を発揮します。 2)パパイン酵素 未成熟なパパイヤ(青パパイヤ)から抽出した食物酵素です。 パパイン酵素は、パパインを乾燥させることで得られる白色またはやや黄色みを帯びた粉末です。 パパイン酵素は、プロテアーゼの1種で、プロテアーゼのなかのシステインプロテアーゼに分類されます。 3)ブロメライン ブロメラインはパパインと同じく、プロテアーゼのなかのシステインプロテアーゼに分類される酵素です。 パイナップルに含まれる成分で、たんぱく質を分解する力が強いのが特徴です。 4)リパーゼ 脂肪を分解するはたらきがあり、皮脂を分解する目的で配合されます。 リパーゼは、脂質を構成するエステル結合を加水分解することでその力を発揮します。 このような酵素の特徴を知っておくことも選び方のポイントです。 酵素洗顔は正しく使うことが大切! 週1回、夜からはじめて様子をみる 皮脂は、夜に分泌することが多いので、まずは夜のスキンケアの際に、週1回程度から開始しましょう。 もし、お肌にゴワゴワ感がある、くすみがある、毛穴の黒ずみが取れないなどの場合は、頻度を週に2~3回までは増やしてみましょう。 ただし、毎日はNGなので、やりすぎには注意してください。 また、年齢とともにお肌は刺激に弱くなるので、年齢に応じて酵素洗顔の回数は少なめに行いましょう。 ②ぬるま湯で行う 洗顔は、酵素洗顔に限らず、できるだけ負担を少なくすることが大切です。 その意味では、体温より少し低い温度のぬるま湯(33~35℃程度)で行いましょう。 ③洗顔後の保湿はしっかりと! 酵素洗顔後のお肌は柔らかくなっているので、化粧水や美容液などの保湿成分が浸透しやすい状態です。 保湿はエイジングケアの基本ですが、酵素洗顔後は特に念入りに行いましょう。 まとめ ナールスエイジングケアアカデミーの「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」の記事を参考にして、酵素洗顔料のメリットや選び方、正しい使い方についてご紹介しました。

エイジングケアに取り入れたい酵素洗顔!

洗顔は、エイジングケアの基本。

洗顔料には石鹸をはじめ、フォーム、ジェル、スクラブ、パウダーなど、多くのタイプがありますね。

そんななか、角質ケアや毛穴ケア、お肌のくすみやごわつき対策などに人気があるのが、「酵素洗顔パウダー」です。

最近では、エイジングケアに酵素洗顔を取り入れる方も増え、いまではたくさんの酵素洗顔パウダーが販売されています。

しかし、酵素洗顔パウダーを使う前に、酵素洗顔のメリットやデメリット、使用方法をちゃんと理解しないで使っていると、かえってお肌にトラブルが起こったりして、エイジングケアにとって逆効果になってしまいます。

また、どんな酵素洗顔料を選ぶかも大切なポイントです。

そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」の記事を参考に、酵素洗顔の基本と選ぶ際のポイントを解説します。また、正しい使い方についてもご紹介します。

「酵素」の基本を理解する

酵素は、ミネラルの周りにたんぱく質が巻き付いてできていて、たんぱく質や脂肪の分解、呼吸、骨や筋肉の活動など、生命活動全般に深く関わっています。

酵素のはたらきがなければ、人は生きていくことができないほど、人にとって大切なものです。

体内でつくられる酵素は、「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。

「消化酵素」は、消化を助けるための酵素で、食べ物を消化分解し、吸収するための酵素です。

その代表は、唾液に含まれるアミラーゼで、でんぷんを分解します。

一方、「代謝酵素」は、吸収された栄養をからだ全体の細胞に届けて新陳代謝を促したり、有害物質の除去、免疫力のアップに関係しています。

酵素洗顔料や酵素洗顔パウダーには、こうした「酵素」が含まれているのです。

酵素洗顔を使う理由は?

酵素洗顔とは、たんぱく質や脂肪などを分解する酵素を配合した洗顔料を使って洗顔することです。

お肌の角質や角栓の70%はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。

一方、皮脂には脂肪が多く含まれます。

酵素洗顔は、酵素の持つ「たんぱく質を分解する」はたらきや「脂肪を分解する」はたらきによって、古い角質や角栓、余分な皮脂を取り除くための洗顔のことです。

特に、酵素洗顔では「たんぱく質を分解する」はたらきが大切です。

なぜなら、たんぱく質は、普通の洗顔料に含まれる界面活性剤では落とすことができないからです。

ここに、酵素洗顔を使う理由があります。

酵素の種類もいろいろ

酵素洗顔パウダーに配合される酵素には、次のような種類があります。

1)プロテアーゼ

たんぱく質を分解するはたらきがあり、古い角質を分解する目的で配合されます。

人間にも備わっているたんぱく質分解酵素です。

プロテアーゼは、たんぱく質中のペプチド結合を切断することでその力を発揮します。

2)パパイン酵素

未成熟なパパイヤ(青パパイヤ)から抽出した食物酵素です。

パパイン酵素は、パパインを乾燥させることで得られる白色またはやや黄色みを帯びた粉末です。

パパイン酵素は、プロテアーゼの1種で、プロテアーゼのなかのシステインプロテアーゼに分類されます。

3)ブロメライン

ブロメラインはパパインと同じく、プロテアーゼのなかのシステインプロテアーゼに分類される酵素です。

パイナップルに含まれる成分で、たんぱく質を分解する力が強いのが特徴です。

4)リパーゼ

脂肪を分解するはたらきがあり、皮脂を分解する目的で配合されます。

リパーゼは、脂質を構成するエステル結合を加水分解することでその力を発揮します。

このような酵素の特徴を知っておくことも選び方のポイントです。

酵素洗顔は正しく使うことが大切!

週1回、夜からはじめて様子をみる
皮脂は、夜に分泌することが多いので、まずは夜のスキンケアの際に、週1回程度から開始しましょう。

もし、お肌にゴワゴワ感がある、くすみがある、毛穴の黒ずみが取れないなどの場合は、頻度を週に2~3回までは増やしてみましょう。

ただし、毎日はNGなので、やりすぎには注意してください。

また、年齢とともにお肌は刺激に弱くなるので、年齢に応じて酵素洗顔の回数は少なめに行いましょう。

②ぬるま湯で行う

洗顔は、酵素洗顔に限らず、できるだけ負担を少なくすることが大切です。

その意味では、体温より少し低い温度のぬるま湯(33~35℃程度)で行いましょう。

③洗顔後の保湿はしっかりと!

酵素洗顔後のお肌は柔らかくなっているので、化粧水や美容液などの保湿成分が浸透しやすい状態です。

保湿はエイジングケアの基本ですが、酵素洗顔後は特に念入りに行いましょう。

まとめ

ナールスエイジングケアアカデミーの「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」の記事を参考にして、酵素洗顔料のメリットや選び方、正しい使い方についてご紹介しました。

この記事を参考にして、ご自身にあった酵素洗顔パウダーをエイジングケアに活用して、肌悩みを改善していただければ幸いです。

lfewosa
ADMINISTRATOR
PROFILE

Posts Carousel

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *

Latest Posts

Top Authors

Most Commented

Featured Videos