目元・目尻・目の下は全部しわができやすい!予防方法は?

目元・目尻・目の下は全部しわができやすい!予防方法は?

最近、右目の目尻あたりのしわが気になります。 目の下のクマをコンシーラーで隠そうとするのですが、右目の目尻のシワにコンシーラーが入って余計に目立ってしまい困っています。 すでにできてしまったしわを消すのは難しいですが、なんとかこれ以上悪くならないようにしたいものです。そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「目元・目尻・目の下のしわの予防と改善対策のエイジングケア」を参考に、予防方法をお伝えします。 目元・目尻・目の下はしわができやすい。その理由は? 目のまわりにしわができやすいことを何となく感じている方は多いと思いますが、その理由をご存知でしょうか? 目元・目尻・目の下のしわができやすい理由は、目の周りのお肌の特徴が大きく関係しています。 目の周りの皮膚は他の部分に比べて非常に薄く、乾燥や紫外線などのダメージを受けやすいです。 とくにここ数十年のあいだに、パソコンやスマートフォンが普及して、現代人は目を酷使することが多く、その分負担も大きくなって、お肌が疲れやすくなっています。 目の下の皮膚は薄いので、このような目の疲れやエイジングの影響で血液の流れが悪くなったとき、目元のお肌にダイレクトに反映されてしまいます。 このような理由から、目元・目尻・目の下にはしわができやすいのです。 しわの原因で特に気を付けたい3つの要素 次に、目元・目尻・目の下しわの原因の中でも、特に気を付けたい要素を具体的にお伝えします。 アイメイクが濃いとしわのリスクが高くなる マスク生活で、メークや口紅がいらない分、目元のメイクに力を入れる方も増えているかもしれませんね。でも、アイメイクが濃くなりがちな方は、目元・目の下のしわができるリスクが高くなります。 濃いアイメイクはお肌にとって負担になるうえに、クレンジング力が強いメイク落としが必要なり、かつ、ある程度こする必要があるので、目元や目の下に負担がかかってしまいます。 それによって、乾燥やお肌にダメージをあたえてしまうことで目元のしわの原因になることがあります。 目をこするクセがある人はしわができやすい 無意識に目をこするクセがある人は、意外と多いものです。 また、花粉症の人は、目が痒くなるから、ついつい目を擦ってしまいがちです。 目の周りの刺激は、目元・目尻・目の下のしわができるリスクを高めます。 こすることで目元のお肌がダメージを受けると、肌老化が進み、コラーゲンやエラスチンが減って、目元にしわが目立つことになります。 目の使い過ぎで目元・目の下のしわが 目の使いすぎも、目元・目の下のしわができるリスクを高めます。 最近では、仕事から情報収集まで、1日中パソコンやスマートフォンを使って目を酷使する人が増えています。 目を使いすぎて、目元の筋肉が疲れ、血行が悪くなり、お肌にダメージを与えてしまいます。 目元・目尻・目の下のしわを予防する方法 それでは本題の、目元・目尻・目の下のしわを予防する方法についてお伝えします。 主な対策は次の5つです。 ①目の周りの刺激を少なくする ②クレンジングはアイメイクリムーバーを使う ③目の周りの乾燥を防ぐ ④正しいスキンケアでターンオーバーとバリア機能を正常化する ⑤しわ対策用のエイジングケア化粧品や目元専用美容液を使う 2番のクレンジングについては、アイメイクが濃い方の場合です。通常のクレンジングではアイメイクがなかなか落ちない場合、目のまわりを何度もゴシゴシしてしまいます。 すると刺激になってしまいますので、何度もゴシゴシするくらいなら、クレンジング力が強めでも、さっと落とせるものの方が負担は少なすて済むケースが多いです。 でも本当は、目元を若々しく保つことを優先するなら、アイメイクはパウダー中心にして落としやすいメイクにすることをおすすめします。 まとめ 目元・目尻・目の下にしわができやすい原因と、気を付けたい要素、予防方法をお伝えしました。私のように気になるレベルのしわになってしまうと、元に戻すのは難しいので、そうならないように予防することが大切です。 この記事が、しわの少ない若々しい印象の目元をキープするお役に立てれば幸いです。

最近、右目の目尻あたりのしわが気になります。

目の下のクマをコンシーラーで隠そうとするのですが、右目の目尻のシワにコンシーラーが入って余計に目立ってしまい困っています。

すでにできてしまったしわを消すのは難しいですが、なんとかこれ以上悪くならないようにしたいものです。そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「目元・目尻・目の下のしわの予防と改善対策のエイジングケア」を参考に、予防方法をお伝えします。

目元・目尻・目の下はしわができやすい。その理由は?

目のまわりにしわができやすいことを何となく感じている方は多いと思いますが、その理由をご存知でしょうか?

目元・目尻・目の下のしわができやすい理由は、目の周りのお肌の特徴が大きく関係しています。

目の周りの皮膚は他の部分に比べて非常に薄く、乾燥や紫外線などのダメージを受けやすいです。

とくにここ数十年のあいだに、パソコンやスマートフォンが普及して、現代人は目を酷使することが多く、その分負担も大きくなって、お肌が疲れやすくなっています。

目の下の皮膚は薄いので、このような目の疲れやエイジングの影響で血液の流れが悪くなったとき、目元のお肌にダイレクトに反映されてしまいます。

このような理由から、目元・目尻・目の下にはしわができやすいのです。

しわの原因で特に気を付けたい3つの要素

次に、目元・目尻・目の下しわの原因の中でも、特に気を付けたい要素を具体的にお伝えします。

アイメイクが濃いとしわのリスクが高くなる

マスク生活で、メークや口紅がいらない分、目元のメイクに力を入れる方も増えているかもしれませんね。でも、アイメイクが濃くなりがちな方は、目元・目の下のしわができるリスクが高くなります。

濃いアイメイクはお肌にとって負担になるうえに、クレンジング力が強いメイク落としが必要なり、かつ、ある程度こする必要があるので、目元や目の下に負担がかかってしまいます。

それによって、乾燥やお肌にダメージをあたえてしまうことで目元のしわの原因になることがあります。

目をこするクセがある人はしわができやすい

無意識に目をこするクセがある人は、意外と多いものです。

また、花粉症の人は、目が痒くなるから、ついつい目を擦ってしまいがちです。

目の周りの刺激は、目元・目尻・目の下のしわができるリスクを高めます。

こすることで目元のお肌がダメージを受けると、肌老化が進み、コラーゲンやエラスチンが減って、目元にしわが目立つことになります。

目の使い過ぎで目元・目の下のしわが

目の使いすぎも、目元・目の下のしわができるリスクを高めます。

最近では、仕事から情報収集まで、1日中パソコンやスマートフォンを使って目を酷使する人が増えています。

目を使いすぎて、目元の筋肉が疲れ、血行が悪くなり、お肌にダメージを与えてしまいます。

目元・目尻・目の下のしわを予防する方法

それでは本題の、目元・目尻・目の下のしわを予防する方法についてお伝えします。

主な対策は次の5つです。

①目の周りの刺激を少なくする

②クレンジングはアイメイクリムーバーを使う

③目の周りの乾燥を防ぐ

④正しいスキンケアでターンオーバーとバリア機能を正常化する

⑤しわ対策用のエイジングケア化粧品や目元専用美容液を使う

2番のクレンジングについては、アイメイクが濃い方の場合です。通常のクレンジングではアイメイクがなかなか落ちない場合、目のまわりを何度もゴシゴシしてしまいます。

すると刺激になってしまいますので、何度もゴシゴシするくらいなら、クレンジング力が強めでも、さっと落とせるものの方が負担は少なすて済むケースが多いです。

でも本当は、目元を若々しく保つことを優先するなら、アイメイクはパウダー中心にして落としやすいメイクにすることをおすすめします。

まとめ

目元・目尻・目の下にしわができやすい原因と、気を付けたい要素、予防方法をお伝えしました。私のように気になるレベルのしわになってしまうと、元に戻すのは難しいので、そうならないように予防することが大切です。

この記事が、しわの少ない若々しい印象の目元をキープするお役に立てれば幸いです。

lfewosa
ADMINISTRATOR
PROFILE

Posts Carousel

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *

Latest Posts

Top Authors

Most Commented

Featured Videos