保湿成分は種類もさまざま、上手に使い分けて美肌に!

保湿成分は種類もさまざま、上手に使い分けて美肌に!

美肌にとってなくてはならない保湿成分 保湿成分とは、皮膚や毛髪・頭皮の水分を保持したり、蒸発を防いで潤いをもたらすはたらきのある物質です。 キメの整ったツヤのある美肌にとってはなくてはならない成分として、スキンケア化粧品やエイジングケア化粧品をはじめ、さまざまなアイテムに使われます。 そんな保湿成分には、数えきれないくらいたくさんの種類があります。また、成分によってメカニズムや特徴が異なります。 そのため、肌質や肌悩みに合わせて、上手に使い分ける必要があるのです。 そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「保湿成分とは?種類と選び方を知って正しいスキンケアを!」の記事を参考に、保湿成分の種類と選び方や保湿力の高い代表的な成分について特徴や使い方などをご紹介します。 保湿されたお肌とは? 十分に保湿されたお肌とは、「適切な量の水分が、保湿成分によってお肌の中につなぎ止められ、さらに油分によって水分の蒸発を防ぎ、お肌にしっかりと保持されている状態」のことです。 10代や20代前半で健康な肌状態であれば、保湿成分を化粧品などで補う必要はありません。 なぜなら、自分自身が持っている力で十分潤うことが可能だからです。 しかし、20代半ばやエイジングケア世代になると、お肌が自ら持っている皮脂や天然保湿因子、セラミドなどが減っていくことで、バリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れてしまいます。 保湿成分はそんなお肌を健やかに保つために、外から補うことでうるおいをキープする物質なのです。 保湿成分の種類と役割 保湿成分は、水に溶けやすいか、油に溶けやすいかで種類分けができます。 水に溶けやすいものを水溶性の保湿成分、油に溶けやすいものを油溶性の保湿成分と呼びます。 また、最近では化粧品の技術の進歩で、水にも油にも溶けやすい両親媒性の保湿成分も登場しています。 水溶性の保湿成分 水分を吸着して保湿するタイプと、水分を抱えるように保湿するタイプの成分があります。 水分を吸着して保湿するタイプは、表皮の角質層にある天然保湿因子(NMF)によく似たはたらきをします。このタイプの成分は、ヒューメクタントとも呼ばれます。 代表的なヒューメクタントには、グリセリン、ジグリセリン、BG、アミノ酸、尿素などがあげられます。 もう1つのタイプである水分を抱えるように保湿するタイプの成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、プロテオグリカンなどがあります。 2)油溶性の保湿成分 油溶性の保湿成分は、皮膚の表面で水分を蒸散させないことで保湿力を発揮します。水分そのものを保持する力はありません。 これは、汗と皮脂できる皮脂膜に近いはたらきです。油溶性の保湿成分は、エモリエントとも呼ばれます。 美容オイルと呼ばれる植物性や動物性の油脂や鉱物油、脂肪酸エステルなどがあります。 セラミドも油溶性の保湿成分として、角質層内で水分を挟み込んで保湿し、高い保水力を発揮します。 3)両親媒性の保湿成分 両親媒性の成分は、水と油の両方となじむ性質があるタイプです。保湿成分ではありませんが、界面活性剤が両親媒性の成分の代表です。 たとえば、保湿成分としては、ウィルブライドS-753などがあります。 保湿成分の選び方のポイントは? 保湿成分を選ぶポイントは、まず十分な保湿力があることです。 もう1つは、安全で刺激がないことです。 敏感肌やインナードライ肌など、バリア機能が低下していても使える保湿成分がおすすめです。 特定の保湿成分に強い保湿力があるからといって、1つの成分に過度に執着することはおすすめできません。 人のお肌の保湿は、タイプの異なる成分で発揮されています。 違うメカニズムで保湿することで、しっかりとバリア機能を保持しているのです。 だから、タイプの異なる保湿成分を補うことがよいのです。 また、化粧水や美容液、乳液、保湿クリーム、美容オイルなど、複数のアイテムを使う理由もここにあります 潤いのある素肌のためには、さまざまな保湿成分を取り入れましょう。 まとめ ナールスエイジングケアアカデミーの「保湿成分とは?種類と選び方を知って正しいスキンケアを!」の記事を参考にして、保湿成分の種類をご紹介するとともに、たくさんある保湿成分の中から選ぶ際のポイントを整理してみました。 この記事をもとに、ご自身の肌にあった保湿成分を選び、美肌づくりに活かしていただければ幸いです

美肌にとってなくてはならない保湿成分

保湿成分とは、皮膚や毛髪・頭皮の水分を保持したり、蒸発を防いで潤いをもたらすはたらきのある物質です。

キメの整ったツヤのある美肌にとってはなくてはならない成分として、スキンケア化粧品やエイジングケア化粧品をはじめ、さまざまなアイテムに使われます。

そんな保湿成分には、数えきれないくらいたくさんの種類があります。また、成分によってメカニズムや特徴が異なります。

そのため、肌質や肌悩みに合わせて、上手に使い分ける必要があるのです。

そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「保湿成分とは?種類と選び方を知って正しいスキンケアを!」の記事を参考に、保湿成分の種類と選び方や保湿力の高い代表的な成分について特徴や使い方などをご紹介します。

保湿されたお肌とは?

十分に保湿されたお肌とは、「適切な量の水分が、保湿成分によってお肌の中につなぎ止められ、さらに油分によって水分の蒸発を防ぎ、お肌にしっかりと保持されている状態」のことです。

10代や20代前半で健康な肌状態であれば、保湿成分を化粧品などで補う必要はありません。

なぜなら、自分自身が持っている力で十分潤うことが可能だからです。

しかし、20代半ばやエイジングケア世代になると、お肌が自ら持っている皮脂や天然保湿因子、セラミドなどが減っていくことで、バリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れてしまいます。

保湿成分はそんなお肌を健やかに保つために、外から補うことでうるおいをキープする物質なのです。

保湿成分の種類と役割

保湿成分は、水に溶けやすいか、油に溶けやすいかで種類分けができます。

水に溶けやすいものを水溶性の保湿成分、油に溶けやすいものを油溶性の保湿成分と呼びます。

また、最近では化粧品の技術の進歩で、水にも油にも溶けやすい両親媒性の保湿成分も登場しています。

水溶性の保湿成分
水分を吸着して保湿するタイプと、水分を抱えるように保湿するタイプの成分があります。

水分を吸着して保湿するタイプは、表皮の角質層にある天然保湿因子(NMF)によく似たはたらきをします。このタイプの成分は、ヒューメクタントとも呼ばれます。

代表的なヒューメクタントには、グリセリン、ジグリセリン、BG、アミノ酸、尿素などがあげられます。

もう1つのタイプである水分を抱えるように保湿するタイプの成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、プロテオグリカンなどがあります。

2)油溶性の保湿成分

油溶性の保湿成分は、皮膚の表面で水分を蒸散させないことで保湿力を発揮します。水分そのものを保持する力はありません。

これは、汗と皮脂できる皮脂膜に近いはたらきです。油溶性の保湿成分は、エモリエントとも呼ばれます。

美容オイルと呼ばれる植物性や動物性の油脂や鉱物油、脂肪酸エステルなどがあります。

セラミドも油溶性の保湿成分として、角質層内で水分を挟み込んで保湿し、高い保水力を発揮します。

3)両親媒性の保湿成分

両親媒性の成分は、水と油の両方となじむ性質があるタイプです。保湿成分ではありませんが、界面活性剤が両親媒性の成分の代表です。

たとえば、保湿成分としては、ウィルブライドS-753などがあります。

保湿成分の選び方のポイントは?

保湿成分を選ぶポイントは、まず十分な保湿力があることです。

もう1つは、安全で刺激がないことです。

敏感肌やインナードライ肌など、バリア機能が低下していても使える保湿成分がおすすめです。

特定の保湿成分に強い保湿力があるからといって、1つの成分に過度に執着することはおすすめできません。

人のお肌の保湿は、タイプの異なる成分で発揮されています。

違うメカニズムで保湿することで、しっかりとバリア機能を保持しているのです。

だから、タイプの異なる保湿成分を補うことがよいのです。

また、化粧水や美容液、乳液、保湿クリーム、美容オイルなど、複数のアイテムを使う理由もここにあります

潤いのある素肌のためには、さまざまな保湿成分を取り入れましょう。

まとめ

ナールスエイジングケアアカデミーの「保湿成分とは?種類と選び方を知って正しいスキンケアを!」の記事を参考にして、保湿成分の種類をご紹介するとともに、たくさんある保湿成分の中から選ぶ際のポイントを整理してみました。

この記事をもとに、ご自身の肌にあった保湿成分を選び、美肌づくりに活かしていただければ幸いです

lfewosa
ADMINISTRATOR
PROFILE

Posts Carousel

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *

Latest Posts

Top Authors

Most Commented

Featured Videos