マツエクOKのクレンジング料のタイプって!?

マツエクOKのクレンジング料のタイプって!?

マツエク派はクレンジング料選びが大切 マツエクは、今や若い世代だけでなく、エイジングケア世代でもアイメイクの一環として取り入れている方が多いのでは? 特に、マスク生活になってからは、目の印象は大切ですね。 そんな方にとって、マツエクしたままメイクをしっかり落とせるクレンジング料は必須のアイテムですね。 では、そんな便利なマツエクOKのクレンジング料は、どんなタイプのものを選べば良いのでしょうか? そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう」の記事を参考にして、マツエクOKのクレンジング料の上手な選び方をご紹介します。 なぜ、マツエクに適したものを選ばないといけないの? そもそも、マツエクO Kのクレンジング料を選ぶ理由は、速乾性のグルー(接着剤)がオイルで溶けてしまうからです。 マツエクを自分のまつ毛につける際に使う接着剤のグルーは、親油性。つまり、油と馴染みやすい性質があります。 だから、クレンジングオイルを使うと、速乾性のグルーが油に溶けてしまいます。 その結果、マツエクは、ポロポロと落ちてしまうことに。 なので、クレンジングオイルやオイル配合のクレンジング料は、マツエクには適していません。 また、クレンジングオイルでなくても、オイルが配合されると同じリスクがあるのです。 マツエクOKのクレンジング料なら3~4週間持つはずが、あっという間にスカスカになってしまうので、要注意です。 クレンジングオイルを使いたい場合は、遅乾性のグルーを選びましょう。 おすすめはクレンジングジェル では、どんなタイプがマツエクに適しているかというと、基本はオイルを含まないか、含んでいても少量のリキッド、ジェル、ローションから選ぶことになります。 中でも、おすすめは、クレンジングジェル。 ジェルタイプは、摩擦が少ないので刺激を与えにくいことがメリットです。一方、リキッドなどと比べると、やや洗浄力が弱いことがデメリットです。 クレンジングジェルには、水性タイプと油性タイプがあります。 また、水性にはオイルフリーとオイルインがあります。 だから、ナチュラルメイクの方には、水性でオイルフリーのマツエクOKのクレンジングジェルがおすすめです。 洗浄成分はやさしいものを選ぶ! マツエクOKのものであっても、クレンジングは肌の負担になります。 やはり、優しい洗浄成分できているものがおすすめです。 優しいタイプのクレンジング料を選ぶことは、エイジングケア世代にとっては特に大切なポイントです。 洗浄成分以外でも気をつけたい成分があります。 それは、アルコール。 アルコールは、化粧品の全成分表示では「エタノール」と表記されます。 アルコールは刺激や揮発性があるので肌に負担になってしまいます。 だから、マツエクOKのクレンジング料は、アルコールフリーのものを選びましょう。 また、最近では使用される機会が減りましたがが、PGなどの刺激性のある成分も避けたほうがよいでしょう。 まとめ ナールスエイジングケアアカデミーの「マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう」の記事を参考にして、マツエクに適したクレンジング料の選び方やおすすめのクレンジングジェルなどをご紹介しました。 この記事を参考にして、マツエクをキレイな状態でキープするとともに、お肌にもやさしいクレンジング料を選んでいただければ幸いです。

マツエク派はクレンジング料選びが大切

マツエクは、今や若い世代だけでなく、エイジングケア世代でもアイメイクの一環として取り入れている方が多いのでは?
特に、マスク生活になってからは、目の印象は大切ですね。
そんな方にとって、マツエクしたままメイクをしっかり落とせるクレンジング料は必須のアイテムですね。
では、そんな便利なマツエクOKのクレンジング料は、どんなタイプのものを選べば良いのでしょうか?

そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう」の記事を参考にして、マツエクOKのクレンジング料の上手な選び方をご紹介します。

マツエクをしている女性の写真

なぜ、マツエクに適したものを選ばないといけないの?

そもそも、マツエクO Kのクレンジング料を選ぶ理由は、速乾性のグルー(接着剤)がオイルで溶けてしまうからです。

マツエクを自分のまつ毛につける際に使う接着剤のグルーは、親油性。つまり、油と馴染みやすい性質があります。
だから、クレンジングオイルを使うと、速乾性のグルーが油に溶けてしまいます。
その結果、マツエクは、ポロポロと落ちてしまうことに。
なので、クレンジングオイルやオイル配合のクレンジング料は、マツエクには適していません。

また、クレンジングオイルでなくても、オイルが配合されると同じリスクがあるのです。
マツエクOKのクレンジング料なら3~4週間持つはずが、あっという間にスカスカになってしまうので、要注意です。
クレンジングオイルを使いたい場合は、遅乾性のグルーを選びましょう。

おすすめはクレンジングジェル

では、どんなタイプがマツエクに適しているかというと、基本はオイルを含まないか、含んでいても少量のリキッド、ジェル、ローションから選ぶことになります。
中でも、おすすめは、クレンジングジェル。

ジェルタイプは、摩擦が少ないので刺激を与えにくいことがメリットです。一方、リキッドなどと比べると、やや洗浄力が弱いことがデメリットです。
クレンジングジェルには、水性タイプと油性タイプがあります。
また、水性にはオイルフリーとオイルインがあります。
だから、ナチュラルメイクの方には、水性でオイルフリーのマツエクOKのクレンジングジェルがおすすめです。

洗浄成分はやさしいものを選ぶ!

マツエクOKのものであっても、クレンジングは肌の負担になります。
やはり、優しい洗浄成分できているものがおすすめです。
優しいタイプのクレンジング料を選ぶことは、エイジングケア世代にとっては特に大切なポイントです。
洗浄成分以外でも気をつけたい成分があります。
それは、アルコール。
アルコールは、化粧品の全成分表示では「エタノール」と表記されます。
アルコールは刺激や揮発性があるので肌に負担になってしまいます。
だから、マツエクOKのクレンジング料は、アルコールフリーのものを選びましょう。
また、最近では使用される機会が減りましたがが、PGなどの刺激性のある成分も避けたほうがよいでしょう。

まとめ

ナールスエイジングケアアカデミーの「マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう」の記事を参考にして、マツエクに適したクレンジング料の選び方やおすすめのクレンジングジェルなどをご紹介しました。
この記事を参考にして、マツエクをキレイな状態でキープするとともに、お肌にもやさしいクレンジング料を選んでいただければ幸いです。

lfewosa
ADMINISTRATOR
PROFILE

Posts Carousel

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *

Latest Posts

Top Authors

Most Commented

Featured Videos