コラーゲンペプチドは紫外線によるコラーゲン減少を防ぐ!?

コラーゲンペプチドは紫外線によるコラーゲン減少を防ぐ!?

紫外線による肌老化は光老化と呼ばれ、日焼けやシミ・ソバカス、乾燥肌などの肌悩みの原因になることも。 今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「コラーゲンの敵!紫外線による光老化から肌を守るコラーゲンペプチド」を参考に、紫外線がコラーゲンにダメージを与えるメカニズム、コラーゲンペプチドが紫外線ダメージを軽減できる理由をご紹介します。 「紫外線とコラーゲンの関係は?」 「コラーゲンペプチドでコラーゲンを増やせるの?」 など、気になる方はぜひご覧ください。 紫外線がコラーゲンを減らすメカニズム 紫外線が肌にあたると体内で活性酸素が増え、コラゲナーゼというコラーゲンを切る酵素の活性が高まり、コラーゲンが変性や死滅するのです。 紫外線のうち、UVBは表皮までしか届きませんが、角化細胞でサイトカインという物質をつくらせ、それが真皮にはたらきかけてコラゲナーゼの活性を高めます。 UVAは、直接、真皮まで届いて、コラゲナーゼの活性を高めます。なかでも、波長の長いロングUVAは肌の奥まで届くので大きなダメージを与えます。 また、紫外線が肌にあたると、活性酸素で線維芽細胞が酸化することも問題です。 酸化により、活性酸素が細胞膜を破壊する、活性酸素が核にあるDNAにダメージを与える、という2つのダメージを受けると、新しくコラーゲンをつくる力が弱くなります。 紫外線以外にも、ブルーライトや近赤外線、過度なストレス、汚染物質、過度な運動なども酸化の原因になります。 紫外線でコラーゲンが減少すると、顔のたるみや肌の糖化などの肌悩みが目立ってきます。 コラーゲン減少を防ぐ紫外線対策 状況に応じて次の6つの紫外線対策をするのが効果的です。 ①外出する時は、紫外線の強い午前10時ごろ~午後2時ごろはなるべく避ける ②外ではできるだけ日陰に入る ③日傘や帽子を使うなどファッションで紫外線対策を行う ④手袋やスカーフなどで露出しているお肌を覆う ⑤UVカット効果のあるサングラスをかける ⑥季節やシーン、肌質に合わせて日焼け止めを正しく使う 日焼け止めは利用シーンによって使い分け、適切な量を守って使いましょう。 さらに、紫外線のアフターケアも大切です。 紫外線をブロックすることは、コラーゲンを守るだけではなく、アンチエイジングや健康維持の観点から大切なのです。 また、紫外線対策の食べ物として望ましい栄養素は、次の7つです。 ・ビタミンC ・ビタミンE ・ベータカロテン(ビタミンA) ・ビタミンB2 ・リコピン ・亜鉛 ・オメガ3系脂肪酸 飲料でも紫外線対策が可能で、コーヒーや緑茶も美肌になれる飲料です。 コラーゲンペプチドの効果 コラーゲンを摂る場合、分子を小さくしたコラーゲンペプチドは分解されず血管や肌にとどくので、食べ物よりもコラーゲンペプチドをサプリメントなどで摂るほうが効率的です。 コラーゲンペプチドは、肌のハリや潤いを高め、シミを改善し、髪を太くし、もろい爪を改善するといった効果があります。 そんなコラーゲンペプチドには、皮膚や骨や関節の細胞にシグナルを出して、細胞を活性し、代謝を促進するはたらきがあります。 つまり、コラーゲンペプチドをサプリメントで摂ることは、加齢や紫外線ダメージで減っているコラーゲンを増やす可能性があることがわかってきたのです。 また、コラーゲンペプチドとビタミンCを合わせて摂ることで、より高い効果が期待できます。 まとめ 紫外線がコラーゲンにダメージを与えるメカニズム、コラーゲンペプチドが紫外線ダメージを軽減できる理由をご紹介しました。 紫外線はコラーゲンを減らすだけでなく、肌やからだにさまざまなダメージを与えます。 この記事を参考に、紫外線対策をしっかりと行い、さらにコラーゲンペプチドをサプリメントで摂って、紫外線によるコラーゲンの減少を防ぎましょう。

紫外線による肌老化は光老化と呼ばれ、日焼けやシミ・ソバカス、乾燥肌などの肌悩みの原因になることも。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「コラーゲンの敵!紫外線による光老化から肌を守るコラーゲンペプチド」を参考に、紫外線がコラーゲンにダメージを与えるメカニズム、コラーゲンペプチドが紫外線ダメージを軽減できる理由をご紹介します。

「紫外線とコラーゲンの関係は?」

「コラーゲンペプチドでコラーゲンを増やせるの?」

など、気になる方はぜひご覧ください。

紫外線がコラーゲンを減らすメカニズム

紫外線が肌にあたると体内で活性酸素が増え、コラゲナーゼというコラーゲンを切る酵素の活性が高まり、コラーゲンが変性や死滅するのです。

紫外線のうち、UVBは表皮までしか届きませんが、角化細胞でサイトカインという物質をつくらせ、それが真皮にはたらきかけてコラゲナーゼの活性を高めます。

UVAは、直接、真皮まで届いて、コラゲナーゼの活性を高めます。なかでも、波長の長いロングUVAは肌の奥まで届くので大きなダメージを与えます。

また、紫外線が肌にあたると、活性酸素で線維芽細胞が酸化することも問題です。

酸化により、活性酸素が細胞膜を破壊する、活性酸素が核にあるDNAにダメージを与える、という2つのダメージを受けると、新しくコラーゲンをつくる力が弱くなります。

紫外線以外にも、ブルーライトや近赤外線、過度なストレス、汚染物質、過度な運動なども酸化の原因になります。

紫外線でコラーゲンが減少すると、顔のたるみや肌の糖化などの肌悩みが目立ってきます。

コラーゲン減少を防ぐ紫外線対策

状況に応じて次の6つの紫外線対策をするのが効果的です。

①外出する時は、紫外線の強い午前10時ごろ~午後2時ごろはなるべく避ける

②外ではできるだけ日陰に入る

③日傘や帽子を使うなどファッションで紫外線対策を行う

④手袋やスカーフなどで露出しているお肌を覆う

⑤UVカット効果のあるサングラスをかける

⑥季節やシーン、肌質に合わせて日焼け止めを正しく使う

日焼け止めは利用シーンによって使い分け、適切な量を守って使いましょう。

さらに、紫外線のアフターケアも大切です。

紫外線をブロックすることは、コラーゲンを守るだけではなく、アンチエイジングや健康維持の観点から大切なのです。

また、紫外線対策の食べ物として望ましい栄養素は、次の7つです。

・ビタミンC

・ビタミンE

・ベータカロテン(ビタミンA)

・ビタミンB2

・リコピン

・亜鉛

・オメガ3系脂肪酸

飲料でも紫外線対策が可能で、コーヒーや緑茶も美肌になれる飲料です。

コラーゲンペプチドの効果

コラーゲンを摂る場合、分子を小さくしたコラーゲンペプチドは分解されず血管や肌にとどくので、食べ物よりもコラーゲンペプチドをサプリメントなどで摂るほうが効率的です。

コラーゲンペプチドは、肌のハリや潤いを高め、シミを改善し、髪を太くし、もろい爪を改善するといった効果があります。

そんなコラーゲンペプチドには、皮膚や骨や関節の細胞にシグナルを出して、細胞を活性し、代謝を促進するはたらきがあります。

つまり、コラーゲンペプチドをサプリメントで摂ることは、加齢や紫外線ダメージで減っているコラーゲンを増やす可能性があることがわかってきたのです。

また、コラーゲンペプチドとビタミンCを合わせて摂ることで、より高い効果が期待できます。

まとめ

紫外線がコラーゲンにダメージを与えるメカニズム、コラーゲンペプチドが紫外線ダメージを軽減できる理由をご紹介しました。

紫外線はコラーゲンを減らすだけでなく、肌やからだにさまざまなダメージを与えます。

この記事を参考に、紫外線対策をしっかりと行い、さらにコラーゲンペプチドをサプリメントで摂って、紫外線によるコラーゲンの減少を防ぎましょう。

lfewosa
ADMINISTRATOR
PROFILE

Posts Carousel

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *

Latest Posts

Top Authors

Most Commented

Featured Videos