エイジングケアに効果的なレチノールの特徴や副作用は?

エイジングケアに効果的なレチノールの特徴や副作用は?

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の「レチノールの効果と副作用を知って、正しいエイジングケア!」を参考に、エイジングケア化粧品成分「レチノール」の性質や美容への効果をご紹介します。 「レチノールはどんな効果があるのか」 「レチノール配合の化粧品は刺激が強いのではないか」 など、気になる方はぜひご覧ください。 レチノールとは? レチノールは、ビタミンAの1つで、エイジングケア化粧品成分のレチノールは、このビタミンAの持つお肌への効果に着目して開発されたのです。 身体の中にあるレチノールは、レチノール⇒レチナール⇒レチノイン酸と変化し、レチノイン酸が角質の代謝を促すことで、お肌のターンオーバーを活性化させ、肌老化を遅らせます。 実際にお肌を生まれ変わらせる立役者はレチノールではなくレチノイン酸ですが、レチノイン酸はレチノールより効果も副作用も強く、医療用医薬品となっています。レチノールは、化粧品成分としては誘導体にして安定化させており、それがパルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなどです。 これらは、レチノイン酸と比べ、効果と副作用を減らすことによって、化粧品にも使えるようにしたもので、一般的に化粧品に配合される場合、その濃度は0.1%程度までです。その種類や濃度で異なりますが、レチノールの効果は、レチノイン酸の1/20~1/100程度になります。また、作用と刺激もレチノールより強いレチナールを使った化粧品もあります。 化粧品成分としてのレチノールの特徴 化粧品成分のレチノールにはいくつかの種類があります。 ・パルミチン酸レチノール 浸透力の高いレチノールです。 ・酢酸レチノール 安定性の高いレチノールです。 ・シラスフィアレチノール レチノールと天然ビタミンEなどを配合した混合成分でレチノールよりもマイルドです。 ・ピュアレチノール 即効性に優れ浸透力も高いですが、刺激も強くなっています。 ・純粋レチノール 資生堂が、レチノール誘導体と区別するため表記している呼称で、純粋なビタミンAです。 ・レチノイン酸トコフェリル レチノイン酸とビタミンE誘導体を結合させ、安全性を高めています。 レチノール配合の化粧品には、次の4つの効果が期待できます。 ・ターンオーバーの促進 くすみやシミ、ニキビ跡を目立たなくするサポートをします。 ・コラーゲンの産生のサポート お肌のハリやツヤをよくする効果が期待されます。 ・皮脂分泌の抑制 ニキビ、毛穴の詰まりや黒ずみ、いちご鼻などの予防効果が期待できます。 ・紫外線ダメージの軽減 紫外線を吸収することで光老化の軽減やお肌の細胞のDNAを保護します。 レチノールには、お肌のカサカサや乾燥を感じたり、痒みや赤みや刺激を感じたりするという副作用を伴うことがあります。腕などで大丈夫かチェックし、肌の状態がよくない場合は、使用を控えたり、使用量を減したりする工夫をしましょう。また、レチノール配合のエイジングケア化粧品は、紫外線に対して不安定なため、日中は日焼け止めと一緒に使いましょう。 レチノール化粧品は、さまざまな肌悩みに使うことが可能ですが、レチノール配合化粧品を選ぶポイントしては、以下の3点です。 ・初めての場合は、高濃度配合のものを避ける ・レチノール以外のエイジングケア化粧品成分に着目する ・レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリル配合化粧品を選ぶ まとめ レチノールの性質や美容への効果をご紹介しました。 レチノールは、エイジングケアにとって魅力的な効果が期待できる反面、刺激性などのリスクを持っており化粧品成分としは、レチノイン酸ほどの効果が期待できるわけではありません。 この記事を参考に、レチノールの効果やデメリットや副作用のリスクを知ったうえで、正しく使用し予防美容に役立ててください。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の「レチノールの効果と副作用を知って、正しいエイジングケア!」を参考に、エイジングケア化粧品成分「レチノール」の性質や美容への効果をご紹介します。

「レチノールはどんな効果があるのか」
「レチノール配合の化粧品は刺激が強いのではないか」

など、気になる方はぜひご覧ください。

レチノールとは?

レチノールは、ビタミンAの1つで、エイジングケア化粧品成分のレチノールは、このビタミンAの持つお肌への効果に着目して開発されたのです。
身体の中にあるレチノールは、レチノール⇒レチナール⇒レチノイン酸と変化し、レチノイン酸が角質の代謝を促すことで、お肌のターンオーバーを活性化させ、肌老化を遅らせます。
実際にお肌を生まれ変わらせる立役者はレチノールではなくレチノイン酸ですが、レチノイン酸はレチノールより効果も副作用も強く、医療用医薬品となっています。レチノールは、化粧品成分としては誘導体にして安定化させており、それがパルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなどです。
これらは、レチノイン酸と比べ、効果と副作用を減らすことによって、化粧品にも使えるようにしたもので、一般的に化粧品に配合される場合、その濃度は0.1%程度までです。その種類や濃度で異なりますが、レチノールの効果は、レチノイン酸の1/20~1/100程度になります。また、作用と刺激もレチノールより強いレチナールを使った化粧品もあります。

化粧品成分としてのレチノールの特徴

化粧品成分のレチノールにはいくつかの種類があります。
・パルミチン酸レチノール
浸透力の高いレチノールです。
・酢酸レチノール
安定性の高いレチノールです。
・シラスフィアレチノール
レチノールと天然ビタミンEなどを配合した混合成分でレチノールよりもマイルドです。
・ピュアレチノール
即効性に優れ浸透力も高いですが、刺激も強くなっています。
・純粋レチノール
資生堂が、レチノール誘導体と区別するため表記している呼称で、純粋なビタミンAです。
・レチノイン酸トコフェリル
レチノイン酸とビタミンE誘導体を結合させ、安全性を高めています。

レチノール配合の化粧品には、次の4つの効果が期待できます。
・ターンオーバーの促進
くすみやシミ、ニキビ跡を目立たなくするサポートをします。
・コラーゲンの産生のサポート
お肌のハリやツヤをよくする効果が期待されます。
・皮脂分泌の抑制
ニキビ、毛穴の詰まりや黒ずみ、いちご鼻などの予防効果が期待できます。
・紫外線ダメージの軽減
紫外線を吸収することで光老化の軽減やお肌の細胞のDNAを保護します。

レチノールには、お肌のカサカサや乾燥を感じたり、痒みや赤みや刺激を感じたりするという副作用を伴うことがあります。腕などで大丈夫かチェックし、肌の状態がよくない場合は、使用を控えたり、使用量を減したりする工夫をしましょう。また、レチノール配合のエイジングケア化粧品は、紫外線に対して不安定なため、日中は日焼け止めと一緒に使いましょう。

レチノール化粧品は、さまざまな肌悩みに使うことが可能ですが、レチノール配合化粧品を選ぶポイントしては、以下の3点です。
・初めての場合は、高濃度配合のものを避ける
・レチノール以外のエイジングケア化粧品成分に着目する
・レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリル配合化粧品を選ぶ

まとめ

レチノールの性質や美容への効果をご紹介しました。
レチノールは、エイジングケアにとって魅力的な効果が期待できる反面、刺激性などのリスクを持っており化粧品成分としは、レチノイン酸ほどの効果が期待できるわけではありません。
この記事を参考に、レチノールの効果やデメリットや副作用のリスクを知ったうえで、正しく使用し予防美容に役立ててください。

lfewosa
ADMINISTRATOR
PROFILE

Posts Carousel

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *

Latest Posts

Top Authors

Most Commented

Featured Videos